2018年10月09日

【楽天お買い物マラソン】Surface GoとSurface Pro6どちらが買い?徹底的に比較しなくてもすぐわかる件

先日MicrosoftからSurface Pro6が発表されました。

Surface Pro 6発表。初の新色ブラック追加、第8世代Core i7で67%高速化

CPUが第8世代のインテルCore i5, Core i7など、ぱっと見る限り、従来シリーズからのマイナーバージョンアップです。

10月16日に発売予定です。

ちなみに、一番安いモデルのものはこちら↓(送料・ポイントを考慮すると最安値)




一方で8月末にSurface Goが発売されましたね。

「Surface Go」レビュー--2in1の長所を詰め込んだ小さな優れモノ

安い!軽い!というのが売りですが、国内版は実は安くなかったというオチがありました(^_^;)

(ポイントを考慮するとこちらが最安値↓)





さて、どちらが買いなのでしょうか?

よっぽど特殊な作業(動画編集や高性能なハードスペックを要求するゲームなど)を行わない前提で考えてみましょう。


・Surface Pro6:最新のCPUなんて不要。無駄に高すぎる。。。

・Surface Go:使っていてイライラするレベルの貧弱すぎるCPU。。。



あくまで私の価値基準ですが、どちらも買いではありません。

Surface Proシリーズは第3世代のSurface Pro3で、実質ほぼ完成形となりました。

それ以降はほぼマイナーバージョンアップ程度です。

スマートフォンで例えると、Xperiaシリーズがマイナーバージョンアップを繰り返しているようなものです。

今Surface Proシリーズで「買い!」なのは、実は中古で状態が良いSurface Pro3。

普段使いならこれで十分すぎるのです。


私は今でもSurface Pro3をたまに使用しますが、今でも現役。(私はCore i7をポチりましたが、結果としてCore i5でも十分でした。。。)

過去の記事はこちら↓

キター!!Surface Pro 3をフライングゲット!!

Surface Pro 3のキーボードは、Microsoft純正キーボードよりも、断然ThinkPadのキーボードがオススメ!


つまり、Surface Proシリーズを使ってみたかったら、中古で買うのが賢い買い方です。

買ってみて「あー、やっぱり自分には合わなかったなー」と思えばドナドナすればいいだけです。

中古で買って中古で売るので、差額はほぼ0円に近い状態でしょう。

iPhoneもそうですが、最新モデルがもっとも優秀という概念はそろそろ捨てましょう。


無駄に高すぎるSurface Pro6、しょぼすぎるCPUのSurface Go、使い勝手もコスパもいい中古で状態が良いSurface Pro3。(Surface Goよりも安い・・)

つまり、考えるまでもありません。


ちなみにこちらはエントリーでデフォルトポイント10倍です。

軽くポイントが20倍以上になるので、実質3万円代。そこらのミドルハイスペックのSIMフリースマートフォン並のお値段です(笑)



デフォルトポイント10倍 パソコンショップ Be-Stock Surface Proシリーズ







posted by KAREN at 23:00| Comment(0) | 特価品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ