2018年12月07日

【PayPay対策】お悩み解消!あれこれ悩むならこれだけ買えばOKでしょ・・・あとは在庫次第です

PayPay祭りですが、私も色々とシミュレーションを重ねてみました。

結果、一番手っ取り早い、商品は・・・・キャリア版のiPad Pro 12.9インチ 1TBモデルと想定しています。

2年契約無しのプランで一括でPayPayで購入し、当月中に解約します。


一括購入の場合、docomoは227,160円、auは228,744円、SoftBankは228,240円(いずれも税込み)です。

若干の価格差はありますが、誤差範囲なので、docomoで試算してみましょう。

本体代金をPayPayで一括で購入すると、20%キャッシュバックなので、実質181,728円。

(もちろん、上手い案件があれば、ついでに適当な弾でdocomoへMNPして、MNPついでにiPad Proも値下げしてくれれば、なお嬉しい♪)


それ以外にかかる通常のクレジットカード払いにかかる経費は、

新規事務手数料:3,280円
データプラン(2年縛り無し):3,456円(日割り)
シェアオプション:540円(日割り)
SPモード:324円(日割り)
解約違約金:0円
(子回線の新規契約の場合)

仮に12月15日に購入した場合、新規事務手数料と残りの諸経費分は日割りになるので、約5,500円です。(月末近くだとなお安くなります)

月々サポートも付きますが月々サポートは翌月から適用なので、関係ありません。


一方でApple StoreでのSIMフリーのiPad Pro 12.9インチ 1TBモデルの価格は、キャリア版とほぼ同じで、228,744円です。

つまり、docomoで契約し、すぐにSIMロック解除して、すぐに解約すれば、実質187,000円でSIMフリーのiPad Pro 12.9インチ 1TBモデルが入手できるということです。

特価BLだろうが誰であろうが購入可能です。

音声回線ではないので、90日ルールも関係ありません。(既にデータ回線を90日以内に契約してたら別ですけど・・・)

特価BLでない人もこれを行うことで、買い周りフラグが立つこともありません。

これはかなりお買い得です。


残りの予算22,840円分(250,000円-227,160円)は、Huaweiの10.1インチタブレットMediaPad T5 10 が税込み23,112円なので、これが無難でしょうね。

スクリーンショット 2018-12-07 11.53.56.png

ただし、購入時点でそれぞれ在庫があるかどうかは、なんともわかりませんが、PayPayでCellular版のiPad Proを狙っている人は、ほとんどいないので、穴場です。
(日頃からMNPしている人しか思いつきませんので・・・)

在庫がなければ、予約しておきましょう。


転売経験が浅い人は、Cellular版ではなく、ごく普通のiPad Proを狙っているでしょうが、私だったら、こんなものは100%狙いません(笑)

すぐに値崩れするので、Wi-Fi版はまさにレッドオーシャン。

大事なのはブルーオーシャン作戦です。

ブルーオーシャンってなんですか・・・?という人は、世界的な大ベストセラーのこちらを是非読んでみてください。(PayPay以外でも価値がありますから。。。)

[新版]ブルー・オーシャン戦略
ダイヤモンド社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 3,777



誰もが思いつく様な発想力ではビジネスでは勝てません。

自分独自のユニークな価値を創造する能力こそ、どんなビジネスの世界でも重要です。


ただし、繰り返しになりますが、PayPayにおいて、基本はあくまでも自分が欲しいものを買うのが理想です。

(詳しくは昨日のこちら↓)
【小ネタ】緊急PayPay対策!何を買えばいいんですか?例えばこんな買い方があります(^_^)





posted by KAREN at 11:57| Comment(0) | 生活の知恵(小ネタ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ