2018年11月14日

【勝手にレビュー?】コスパが良いどころではなかった!DSDV対応のOPP R15 NEOがあまりにも凄すぎた!

今年国内に参入した世界シェア4位のスマートフォンメーカーのOPPOさんですが、続々と国内モデルを発表・発売されていますね。

以前OPPOさんから、OPPO R11Sをお借りしましたが、カメラ性能はとても素晴らしく、「これは消費者の認知度が上がれば、必ず売れるはず!」という印象でした。






さてそんなOPPOさんから国内で発売されている、国内で一番安価なスマートフォンOPPO R15 NEOを先日の楽天のセールで買ってみました(^_^)

OPPO R15 NEOですが、実は2種類ありまして、RAMが3GBのモデルと4GBのモデルがあります。

価格は3GBモデルが約25,000円、4GBモデルでも約32,000円程。

私が購入したのは、あえてスペックが劣る3GBです。

以前OPPO R11Sを使わせてもらったので、今回はOPPO R15 NEOの3GBモデルで、果たしてどの程度の実用性があるのか試してみたかったんです。


スペックはこの価格帯では最高レベルです。

DSDVに対応、更にmicroSDカードも排他利用可能、全キャリア対応、バッテリーも4,000mhAと大容量など、SIMを複数枚持っている方ならHuaweiのP20 liteよりも利便性は上です。

(現在ソフトバンク回線がやたら多いので・・・2枚ともソフトバンク回線のSIMです)
2018-11-14 14.51.10.jpg

OPPOさんならではのかゆいところに手が届く親切さとして、始めから液晶保護フィルムが貼られており、ケースも付いてきます。

ユーザビリティも素晴らしく、ほぼ素のAndroidに加えて、OPPOさんらしい利便性が高い機能が搭載されています。(他のメーカーも見習って欲しいくらい・・・)

iPhoneXから採用されているホームボタン無しの操作(スワイプアップジェスチャー)操作もできますし、従来からAndroidにあるような、戻るボタンなどでも操作が自由に選ぶことができます。(他の便利機能もたくさんありますが、多すぎるので割愛します)

認証方式は私の好みではない顔認証ではありますが、iPhoneXsとほぼ変わらない速度で認証してくれます。


さて、3GBモデルのスペックですが、実際に使ってみると全く不自由さはありません!

20個位アプリを開いていたら動作がもたつくのかもしれませんが(笑)、そんな使い方は他のスマートフォンでも、私はしてませんので。

むしろ、最近のスマートフォンの多くは過剰スペックなんです。。。

普段使いなら、OPPO R15 NEOでも十分快適に利用できます。


もちろん2眼レンズ搭載のカメラ性能も素晴らしい!(R11Sと比較すると、アウトカメラはやや暗所に弱くなったかなーという印象)

インカメラに至っては、どうしてここまでいい感じのボケ味のある写真が撮れるの?という衝撃です。

これがOPPO AIビューティーの凄さなんでしょうね。


ちょっと残念な点としては、OPPO R15 Proで搭載されたおサイフケータイ(FeliCa)機能は、R15 NEOにはありませんが、もちろんこの価格なら許容範囲でしょう。

今後、こういった低価格帯でもFeliCa搭載が標準となってくれると、嬉しいですね♪


それにしてもいい買い物ができました。

実際に手にとって使って初めてわかるのがOPPOさんのスマートフォンですが、実機が置いてある家電量販店はまだ数が多くないので、実機が使える家電量販店に行った際には、是非一度手にとって試してみてくださいませ。

特に自撮りの写真の素晴らしさには、きっと誰もが驚きますよー!


ちなみに今AmazonならRAM 3GBモデルも4GBモデルも5%OFFのクーポンがありますよ(^_^)


posted by KAREN at 17:25| Comment(1) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

【雑談】来年熱い!折りたたみ式スマートフォンの期待感と不安感。iPhoneなら今すぐにでも、なんちゃって折りたたみスマホができるのに・・・

昨今Samsungや中国メーカーのRoyoleなど折りたたみ式スマートフォンの記事がネットで賑わっております。

Samsungの折りたたみスマホは3月に約20万円で発売か──聯合ニュース報道

“世界初”の栄誉は中国企業に? サムスン、折りたたみ式スマートフォンの発表はどうなる?


価格は別として、製品の内容はとても興味がありますね。

先月記事に書いたとおり、私も来年期待しているのは折りたたみ式スマートフォンです。

【雑談】2018年を振り返る今年のガジェットのトレンドと来年の予想!MNPはやっぱりオワコン?


一方で不安材料もあります。

折りたたみ式にすることによって、どんな利便性が向上するのか、アプリが適切に対応できるのかなど、現時点ではまだまだ不透明な所が多くあり、価格は20万円と言われると、さすがにドン引きしてしまいます。


ドコモでは過去に2回折りたたみ式スマホを発売していますが、いずれも不発に終わっております。

昨年秋冬モデルのM Z-01Kもほとんど売れていないようですね。


どうして売れないのかは、先の通り、一体何に使うのか?それによってどんな便利なことが実現されるのか?という点に関して、メーカーの訴求力が乏しいからであります。

私もM Z-01Kは使ってみたいとは思いますが、結局2,3日で飽きるでしょう(笑)

つまり、SamsungやRoyoleの折りたたみスマホも話題だけ先行していており、私がすぐにポチるかは現時点では10%程度以下の魅力しかありません。


ちなみに、こちらのケースを使えば、iPhone2台装着されるので、iPhoneの折りたたみ式スマホに近い状態ということになります(笑)




折りたたみスマホについては、しばらくしばらくの間は様子見ということにしておきたいと思います。





posted by KAREN at 18:59| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

【楽天お買い物マラソン】この秋の目玉商品!日本初のほぼ全画面ディスプレイスマホがいよいよ本日発売!

楽天お買い物マラソンのお得情報です。

今日発売になるスマホってわかりますか?

OPPOの最新モデルのOPPO Find Xがついに本日発売となりました。

スペックはモンスター級です。

まず、ほぼ全画面がディスプレイ。(画面占有率93%以上)

CPUはQualcommSnapdragon 845。

RAMは8GB。

ROMは256GB

そして、カメラはどこ?どこ?世界初のスライド式カメラを搭載しています。(OPPOのカメラは最高レベル)

もちろん全キャリア対応。

詳細はOPPO Find X オフィシャルサイトをご覧ください。


Amazonでも発売となりましたが、やっぱり楽天お買い物マラソン期間中なので、楽天の方がお買い得です。











posted by KAREN at 09:20| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

【MNP祭り準備】mineoの時代は終わった・・・これからはLINEモバイルの一択の時代です!

年末や3月のMNP祭りに向けて皆さんも準備されているかと思いますが、昨日でmineoもLINEモバイルもキャンペーンが終わりました。。。

使い勝手がとても良いソフトバンク回線はあるに越したことはありませんが、今後ソフトバンク回線の弾を作るのはどうすればいいでしょうか?

答えはLINEモバイルです!

LINEモバイルは11月7日から新たなキャンペーンが開催され、音声回線は3ヶ月間、月額300円のままです!(LINEフリープラン 1GB)

LINEモバイル

さらに新たなキャンペーンとして、SNS使い放題プランのコミュニケーションフリープランがも当初3ヶ月間月額300円、しかも3GB使える太っ腹キャンペーンです。

スクリーンショット 2018-11-07 0.57.26.png


mineoでは新たなキャンペーンは始まらないようなので、今後MNP用の弾として使い勝手いいソフトバンク回線を作るならLINEモバイル一択でしょう。

紹介CP


LINEモバイルは、もちろん、docomo/au回線も月額300円。

しかし注意点もあります。

LINEモバイルは1名義ではなく1世帯で5回線までしか契約することはできません。

iPhoneSE(128GB)が度々再販売されたのは、この5回線ルールの上限を知らずに、めいいっぱい契約した分のキャンセルが出たのでしょうね。


さらに知っておきたいことは、LINEモバイルを契約した場合、契約日から8日以内はMNP予約番号取得の申し込みができません

スクリーンショット 2018-11-07 1.04.11.png

さらに契約後8日経ってもすぐにMNP番号が取得できません。

スクリーンショット 2018-10-29 13.55.08.png

つまり、LINEモバイルエントリーパッケージ購入〜LINEモバイル申し込み〜契約・SIM開通〜MNP予約番号発行申し込み〜MNP予約番号発行まで、最低2週間はかかるということです。



「弾は急に作れない」ので、余裕をもって年末や3月のMNP祭りに備えておきたいところですね。(弾がなければMNPはできません)






posted by KAREN at 07:06| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

【裏技】auの3G回線の契約可能日は11月7日(水)まで!3G回線を持っておくと良いことあるのでauショップにGo!

auの3G回線の契約ができるのは今月の7日が最終日となります。8日以降は契約できません。

今更3G回線を契約する意味はあるでしょうか?

2つの理由がそこにはあるんです(^_^)


1.通話し放題プランのみ加入する

実はカケホ(3Gケータイ)の料金プランはとても魅力的です。

スクリーンショット 2018-11-04 10.18.42.png

完全にかけ放題なので、一切通話時間や料金を全く気にすることが必要ない、ストレスフリーの回線です。

料金は月額2,200円。

通信プランの契約は必須ではないため、業界最安値です。

DSDS端末で1枚auのカケホ回線(通話専用)、もう1枚のSIMはお好きなSIMで運用すれば、通話が多い方でしたら、かなりの金額が節約することもできます。

ただし近頃のDSDS端末ではauの4G回線(VoLTE)は対応しているが3G回線は対応していないという製品も多くあるので、そこは注意が必要です。(gooのスマホ g07++なら3G回線にも対応)


2.3G回線サービス終了後のキャンペーン狙い

かれこれ10年以上前の話になりますが、以前私はdocomoでPHSのデータ回線を持っておりました。

docomoのPHS回線のサービス終了時に、docomoから特別な優遇キャンペーンが送られて来て、最新のケータイの中から好きな機種を1台プレゼントという太っ腹なキャンペーンがありました。(当時はまだスマホがない時代なので、ケータイです)

つまり近い将来auの3G回線サービスが終了するのは確実にわかっているので、サービス終了時に3G回線から4G回線へ移行させる特別なキャンペーンが開催されるのは確実です。

もちろんそのキャンペーンの内容は、未知数ですが、サービス終了に伴うキャンペーンなので、かなり太っ腹なキャンペーンになるはずでしょう。


しかしながら、今どき3Gケータイの端末って新規で売ってないでしょ?と思うかもしれませんが、そのとおりです。

でもSIMだけ契約することはauショップで可能です。

音声回線のSIMがあれば良いのですから端末なんてどうでもいいんです。


かけ放題(カケホ)ではなく、プランSSシンプルなら月額934円(1000円分の無料通話付き)の回線でもいいでしょう。


追記
自分の白ロムコレクションボックスの中を探してみたら、こんなガラクタケータイが出てきた。。。

2018-11-04 11.15.24.jpg





posted by KAREN at 11:16| スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

【楽天gooSimseller緊急セール】Huawei P20liteが6,800円!nova lite 2が1,800円!DSDS対応のg08がたったの980円のバラマキ開始

楽天のお得情報です。

本日より楽天gooSimsellerにて秋の大特価スマホ市が開催されました。

スクリーンショット 2018-11-01 15.36.53.png

この内容が半端ありません!!

ミドルハイスペックのHuawei P20liteが6,800円

ミドルスペックのHuawei nova lite 2が1,800円

全キャリア対応DSDS(更にmicroSDカード増設可能)のgo08に至ってはたったの980円


セール対象商品一覧







ただし、音声SIM契約が必須条件となります。

別の見方をすると、docomo回線の弾が作れるということでもあります。(月額1,600の維持費)





posted by KAREN at 15:42| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【iPhoneXs/iPhoneXR MNP祭り】3キャリア対応のMNPの弾を作れるのは本日が実質最終日!最大9回線分の弾ありますか?

先月末のドコモのiPhoneX / iPhoneXR /iPhoneXs祭りは本当にすごいものがありました。

発売日翌日にはiPhoneXRがMNPで一括0円や月末にはiPhoneXsもついにMNPで一括0円など、激ウマ案件揃いでしたね。

11月末はどうなるかわかりませんが、12月末にはMNP祭りはドコモだけではなくauもSoftBank開催されるでしょう(四半期の締めの月ですから)。

もちろん1年で最大のチャンスとなる3月のMNP祭りにも準備を万全にしておきたいところです。


さて、MNPの弾はもう十分ありますでしょうか?

ドコモ・auならMNPで同時2回線は当たり前。

SoftBankなら同時5回線です。

最大で弾が2+2+5=9回線。(1名義)

docomoは90日ルールがあるので、11月や12月にMNPで飛ばして、さらに2月3月のMNP祭りで追加で飛ばすこともできます。

要は2回線+2回線の合計4回線あるととっても便利ということです。(実質1名義最大11回線)


あ・・・まだそこまで十分にMNPの弾を作ってないという方は、おそらく本日(あるいは明日)が格安の弾を作る実質の最終日です。

mineoもLINEモバイルはdocomo/au/SoftBankの3キャリアの回線を作ることができますが、mineoの月額333円回線(音声回線)キャンペーンは11月6日(火)まで、LINEモバイルの月額300円回線(音声回線)のキャンペーンも11月6日(火)までとなっています。

紹介CP

LINEモバイル


mineoはエントリーコードを使って申し込みを行った場合、開通するまで最長で1週間程度かかります。(経験上実質5日程度

スクリーンショット 2018-10-31 14.08.39.png



先日もご紹介したとおり、Amazonギフト券1000円分がもらえるキャンペーンもあるので、よかったらこちらをお使いくださいませ。(mineoの紹介キャンペーンも11月6日で終了です)

mineo紹介キャンペーン Amazonギフト券1,000円プレゼント


一方、LINEモバイルはエントリーコードを使って申し込みを行った場合、開通するまで2日〜3日程度です。(過去の経験より)

ただし、LINEモバイルについては1世帯あたりの回線数の上限は5回線まで。

スクリーンショット 2018-10-31 16.53.54.png



mineoが間に合いそうにないのであれば、LINEモバイルで弾を作るのが安全策でしょうね。

LINEモバイル





posted by KAREN at 13:26| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

【勝手にレビュー】海外勢のSIMフリースマホの秋冬モデルのフラグシップモデルはどれが買い?

AppleのiPhoneの発表に合わせて、SIMフリースマートフォンのメーカー各社がフラグシップモデルを続々と発表しましたね。

一体どれが買いなのか、どれが外れなのか、スペックから見る情報だけで勝手に判断してみました。

なお、実機はGoogleのPixel 3しか触ってません。(ドコモショップの店舗用端末)


■Google Pixel 3 / Pixcel 3 XL(SIMフリー版)

・メリット
素のAndroidを搭載で、常に最新のAndroid OSを利用できる。(3年間保証)
全キャリアのプラチナバンド対応。
148gなので、フラグシップモデルとしては比較的軽い。(Pixel 3)
横幅68.2mmなので片手持ちも問題無い。(Pixel 3)
付属のUSB-Cイヤホンでリアルタイム通訳できる。
画質1080pまでの画像や動画なら無制限でGoogleフォトにアップロード可能(2022/1/31まで)
VRのGoogle DayDreamに対応。
光学+電子手ぶれ補正。

・デメリット
microSDカードで容量を増設できない。
SIMは1枚だけ。
64GBで95,000円、128GBで107,000円はお高い。

カメラ性能はファームウェア(OS?)のアップデートで向上するらしい。
RAMは4GBだが、十分でしょう。


■OPPO Find X

・メリット
全面がほぼすべて有機ELディスプレイ(国内初)。
全キャリアのプラチナバンド対応。
RAMは8GBの大容量。
カメラ性能は折り紙付きの高性能。
カメラは使う時だけ出てくるのでレンズの汚れが気にならない。

・デメリット
microSDカードで容量を増設できない。(ただしROM256GB搭載)
顔認証。
やや重い(186g)。
やや大きい(横幅74.2mm)。
119,730円はやっぱりお高い。




■OPPO R17 PRO(国内ではまだ正式に発表されてませんが正式発表の可能性有り)

・メリット
DSDV対応でさらにmicroSDカードでROM増設可能。
ノッチ部分が最小サイズ(水滴型)。
ディスプレイ部分に指紋認証センサー搭載。
Gorilla Glass6(5に比べて強度が約2倍)。
カメラ性能は折り紙付きの高性能。
中国では安い(約7万円程)。

・デメリット
Snapdragon 710なので、フラグシップモデルとしてはやや劣るが許容範囲。
やや重い(183g)。
やや大きい(横幅74.6mm)。

まだ国内モデルが正式発表されてないため、キャリアのBand対応は不明。




なお、HuaweiのフラグシップモデルのMate20/Mate20 Pro/Mate20 Xについては、まだ国内正式発表がされていないので、今回の記事では見送りましたが、もちろんこのシリーズも大注目でしょう。

(私のファーストインプレッションはこちら↓)
【追記】【雑談】Huawei Mate20/Mate20 Pro/Mate 20Xの三兄弟はすごい!!けどね・・・・(^_^;)





posted by KAREN at 22:32| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

【雑談】docomoもauのSoftBankも1,980円。この売り方はひどい・・・

近頃の三大キャリアの売り方についてです。

このブログを読まれている方には、どうってことがないトラップですが、docomoもauのSoftBankもこの売り方はさすがにないでしょう・・・っていうお話です。

docomoは堂々とこんな広告を出してます。

スクリーンショット 2018-10-23 13.10.20.png

この条件がひどすぎますね。

1.代表回線の契約が15年以上。

2.3人がdocomo with。

3.3人の合計が月あたりたったの5GB。

4.もちろん通話代は別料金。

「ドコモはドコスパ」っていうキャッチフレーズが恥ずかしくないのでしょうか・・・


続いてはauです。

スクリーンショット 2018-10-23 13.11.56.png

これまた条件がひどい(笑)

1.1年間だけ1,980円。1年後は2,980円(スマホ応援割)

2.auスマートバリュー込み。auスマートバリューが無ければプラス500円。

3.1ヶ月あたり1GBまで。それ以上だど段階的に高額なデータ料金が発生。(5GB以上だと1年目は5,480円)

4.通話は5分以内ならかけ放題だが、超過したら別料金。


最後は極めつけのSoftBank。

スクリーンショット 2018-10-23 13.12.44.png

これがもっともひどい。

1.1年目だけ1,980円。2年目以降は2,980円。

2.月1GBだけ。5GBを超えるとなんと6,480円(笑)

3.お家割光セット適用。光セットでない場合プラス1,000円。

4.通話代は別料金。


こういった売り方は、さすがに総務省から問題視されるのは当然でしょう。

100歩譲っても、docomo>>au>SoftBankでしょうね。

auとSoftBankは分離プランなので、こんな契約をする意味がわかりません。

メイン回線を三大キャリアを使う時代はもう数年前に終了してます。

いずれのキャリアも正々堂々とこんな売り方をしていては、まともな通信キャリアとは思えませんね。。。

数年前までは、まともでしたけど。。。





posted by KAREN at 01:00| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

SoftBankのMate 10 ProのMNP一括0円開始。しかし絶対に手を出すべきではないでしょうね

どうやらSoftBankのMate10 ProがMNPで一括0円でバラマキ始めたようです。

併売店や代理店に迷惑をかけるのは好きではないので一括0円+CB案件などのウマウマ情報は近年載せてませんが、SoftBankの代理店なら載せます。(SoftBankは嫌いですから)




何故SoftBankのMate10 Proを契約してはいけないのか?

もともとMate10 ProはDSDVでSIMが2枚挿せますが、SoftBankは当然1枚しか挿せません。

挙句の果てにはSoftBankの削除できないゴミアプリ付き。

どうせSoftBankのことだから、ギガモンスター必須などトラップ満載でしょうね。

また、もし年末に国内版のHuawei Mate20 Proが発売となったら、当然型落ちのMate10 Pro(SIMフリーモデル)は各ネットのショッピングサイトで在庫処分のバラマキが発生するでしょう。

あえてSoftBankのMate10 Proを買う理由はまったく見当たりません。

キャリアのメールも消されてしまう程のお粗末な携帯キャリアですからね。。。

ソフトバンク、約1030万通のメールを消失 436万人に影響

そう言えばこの重大な事故に関してのお詫びがSoftBankから来てないな・・・(一応SoftBank回線があるので)

消失してごめんなさいじゃ済まない重大事故なのに。。。


ちなみに、SoftBankは個人情報の第三者提供を積極的に行ってます。

ソフトバンク携帯サイト向けインターネット検索サービス事業における個人情報の取り扱いについて

第三者に渡った個人情報が適切に管理されているかは当然わかりません。。。





posted by KAREN at 14:07| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ